ここがスゴイ電動鼻水吸引器の機能

人間は呼吸をしなければ生きていけない動物です。その呼吸をするには口でする場合と鼻でする場合があります。基本的にはどちらでしてもよいのですが、健康の観点から言いますと鼻呼吸が理想です。理由はいろいろありますが、最も知られている理由は鼻呼吸のほうが新鮮な空気を吸い込むことができるからです。これはなにを意味するかと言いますと、鼻の中がフィルターの役目を果たしていることです。あと一つの大きな理由は口で呼吸をしますと気管支を痛めるリスクがあるからです。気管支を痛めますと風邪をひいたり喘息になったりと健康を損なうことがあります。このように鼻は呼吸にとってとても大切な器官ですので、その鼻が詰まることはできるだけ避ける必要があります。しかし、人間は生きていますと鼻が詰まる症状になることもあります。そのときに役に立つのが電動鼻水吸引器です。

電動鼻水吸引器が支持されるようになった背景

昔は子供が鼻を詰まらせたときは母親が口で吸うこともありました。年配の女性の方の中には経験がある人もいるはずです。それが普通でしたのでなんの違和感もなかったのです。しかし、医療の進歩により口で吸うことは健康上の観点で好ましくないことが指摘されるようになりました。そうした背景の中、登場したのが手動式の吸引器でした。手動式の短所は吸い込む力が電動式ほど強くないことですが、赤ちゃんの鼻水を吸う程度の吸引力なら手動式でも充分に使える吸引力でした。それよりも一番問題なことは、赤ちゃんの風邪が母親にも移ってしまうことでした。手動式には「価格が手ごろである」ということと「手入れが簡単である」という長所がありましたが、それよりも短所のほうが大きかったことが、電動式が広まった要因となりました。

電動鼻水吸引器を選ぶ際のポイント

一口に電動鼻水吸引器といいましても、機能により種類はいろいろです。価格だけをみてみましても5千円くらいから3万円くらいまでと範囲が広くなっています。範囲が広い理由は機能が様々だからですが、せっかく電動式を使うのであれば電動の効果が認められるものでなければ意味がありません。ですから、選ぶ際のポイントは価格よりも機能に重点をおくことが必要です。機能の面で考えるなら最も重要視されなくてはいけないのは吸引力です。電動式である一番のメリットは手動式ではないことですが、これはまさに吸引力のことを指しています。吸引力の次に注目しなければいけない機能は「使い終わったあと」の処理の簡便さです。この場合は機能というよりは性能のほうが正しい言い方かもしれませんが、吸引器で最も面倒な点は吸引器の掃除です。これは使った人でないと実感しないことですが、とても重要なことです。