電動鼻水吸引器の取り扱いの注意点

赤ちゃんは頻繁に咳や鼻水を出しています。そのため、いつものことだからと思って、そのまま放置していると、風邪を悪化させてしまう可能性もありますから、普段から状態をチェックしてあげることが大切です。風邪によってでる鼻水は、ウイルスを体の外へ排出しようとして出るものです。そのためそのまま放置しているとウイルスが耳や鼻の奥に入ってしまい、中耳炎や副鼻腔炎、肺炎などほかの病気を引き起こす原因になってしまいます。そのため、できるだけ早く鼻水を取り除いてあげることが大切です。黄色や緑色でネバネバの鼻水というのは、風邪によって起こる症状で、ウイルスと闘って死滅した抗体や白血球が混ざった状態のものです。こういった粘度のある鼻水は、手動の鼻水吸引器では取り除くのが難しいため、電動鼻水吸引器が有効といえます。

鼻水が出たときに病院へ行く目安

乳幼児はよく鼻水を出します。状態によっては小児科や耳鼻科へ行った方がいい場合もありますが、ホームケアも重要です。特に鼻水は、鼻水吸引器があれば自宅で手軽にケアすることができますから、病院へ連れて行く手間も省くことができます。鼻水吸引器には、大きく分けると手動のタイプと電動のタイプがあります。手動のものは、手ごろな価格で購入することができ、携帯も便利なものが多いため、すでに購入したという人も多いかもしれません。ただ、使用してみると吸引力を持続することが難しく、粘度のある鼻水を吸い取るには、かなりの吸引力が必要となってしまいます。また、ウイルスに感染してしまうリスクもありますから、電動鼻水吸引器の方がおすすめです。電動鼻水吸引器は、自動で吸引してくれるため、感染の可能性もなく、吸引力の一定というメリットがあります。

電動鼻水吸引器の取り扱い時の注意点

家庭に一台持っているととても役に立つ鼻水吸引器ですが、きちんとメンテナンスをしないと必要な効果を得られなくなってしまいます。特に、電動の鼻水吸引器は、高額になりますから、取り扱いには注意が必要です。電動の吸引器と一言でいっても、ハンディタイプのものや据え置きタイプのもの、部品が多く掃除が面倒なものなどさまざまです。ハンディタイプは、電池で動きますから、携帯にも便利ですが、吸引力の調整ができない場合があります。据え置きタイプは、圧の調整もでき粘度のある鼻水も吸引することができますが、中には部品点数も多く、掃除が面倒なものもありますから、購入する際には手入れがしやすいかどうかを確認してから購入するようにしましょう。また、ウイルスに感染しないように、使用した後にはきちんと洗って清潔に保つことが大切です。